スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体調不良と社会不安障害

またしばらく期間が空いてしまいました…

今年に入って、今まで生きて来ておそらく

史上最悪の体調不良を経験してしまいました


今までの社会不安障害も鬱も大したことないと思った位

自分にとって辛い辛い、長い時間を

家と病院で寝たきりに近い状態で過ごしました


最悪の状態は脱したのですが

今年はしばらくすっきりしない日々が続きそうです。


酷くはないのですが、鬱っぽい症状も戻ってきて・・・

やっぱり精神的な病気も辛いものです



しかし、不安と緊張に関しては

安定剤などを飲めばしのげることができるので

大したことないと思えるようになりました。


健康って素晴らしい!!と今まで以上に

心から思います



しばらくの間、パキシルを飲むのはあまり好ましくないので

日光に当たったり、セロトニンが増えそうなことを

毎日少しずつ実行して来年まで乗り切っていけたらいいな



肩こり、腰痛も酷いので

パソコンもあまり触れないと思います


来年には笑顔で戻って来れることを願って。
スポンサーサイト

テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

パキシル減薬 離脱症状等について

1年ぐらいかけてパキシルを断薬しました

10mg、5mgぐらいの時はイライラや情緒不安定感が強かったです

少し早いペースで減薬しました><


0になると、恐れていた離脱症状(退薬症状)

シャンビリや頭痛、吐き気など起こるのか?

シャンビリとは…

・耳鳴りがシャンシャンする、

・手足がビリビリ痺れる

ことを、患者の間で俗称でこう言うようです

抗うつ剤を減薬、断薬する時に起こる人もいるようで


取りあえず、シャンビリ、頭痛、吐き気は
ありませんでした

しかし、情緒不安定感が半端なかったです

イライラが突然爆発、物に当たったりしました

何をしてもイライラが治まらず

自分にとっては大量のお酒を飲んでしまいました

胃が猛烈に痛くなり、吐きましたが

1週間ぐらい、ものすごく涙もろくなりました

自分でも止めようがありませんでした

断薬がこんなに辛いものだったなんて…


他には気力が出ない、

軽い眩暈がするなど


もう駄目かもしれないとも考えました



幸いなことに1週間ぐらい経つと

酷い症状が治まってきました


あのまま悪い状態が続いていたら

自殺企画もしていたかもしれません


確かに飲んでいる時は

穏やかに過ごせましたが

またSSRIを飲むとなると、考えてしまいます

ゆっくり減薬するともう少し楽なのでしょうか


今の状態は、調子が良かった頃に比べて

動悸があります

緊張することを考えると、ドキドキが強くなります

それでも日常生活は割と楽に送れています

薬によって、少しはセロトニンが増えたのか、

成功体験を積み重ねたので

自信がついたのか


問題は、極度に緊張する場面を避けられない時でしょうか

今は頓服(ワイパックス)も飲まないので…



頓服を飲めるようになるまでは

なるべく緊張する場面を避けながら

上手に生活していけたらいいなと思います

テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

パキシル23ヶ月目

随分ご無沙汰しておりました…。

コメント返信も遅くなり申し訳ございません。


パキシル10mg/day


あることが理由で、20mgから少しずつ減薬してます。

薬を減らしたせいか少しですが、汗っかきが治まった気がします。

あることが無事に終われば、またパキシルを元通り増やすかもしれません。


先生から聞いたのですが

完治までには長期間かかることが多いそうです。

でもそのことについては悲観してません。



今でも緊張はします。

人前で何かをする時は、安定剤も飲んでいます。


ただ、お店の人と会話したり、買い物したり

普通の仕事をしたり

日常生活はあまり不自由なく送っています


安定剤を飲みながら、資格試験を受けたり

新しいお友達と会ったり

今まで出来なかったことに自分なりに挑戦してきました。


お薬と付き合いながらですが、

充実した生活を送っています。


この病気がなければ全てが上手くいくような感じがしていましたが、

そうでもないですね^^;

病気じゃない人でもやっぱり悩みはあるものであって。

行動範囲が増えればその分トラブルも増えてくるでしょう。


健康な人でも悩み苦しんでいると実感できました。


人生楽ありゃ苦もあるさ

テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

記事一覧

ご覧になりたい記事をクリックして下さい。別ウィンドウで開きます
サプリメントや薬についての記事は、私個人が使用した感想です。
使用の際には説明書をよく読み、自己責任で摂取して下さい。


ブログについて
初めまして

あがり症・社会不安障害(SAD)
あがり症と社会不安障害について
SADの人の緊張度


サプリメント・薬・食品
セントジョーンズワート
レスティ錠
イララック
ギャバ
アミノボディ
メンタルバランスチョコレート ギャバ
命の母A
カルシウム&マグネシウム、ビタミンB
βブロッカー(効き目は強いですが、注意が必要です)
DHC ヒアルロンサン
PMSとセントジョーンズワート
PMSとSADとセントジョーンズワート
セントジョーンズワートまとめ
トリプトファン


考え方・認知行動療法
内気と不安を軽くする練習帳①
内気と不安を軽くする練習帳②
主人は震えたのを忘れていた
負けず嫌い
誰も見ていない
あがり症でも前向きに
緊張を抑えない


薬での治療 リンク修正しましたm(_"_)m
治療開始

*デプロメール*
4週目
6週目
8週目(2ヶ月)
10週目
14週(3ヶ月)
18週(4ヶ月)
5ヶ月
6ヶ月
6ヶ月半
7ヶ月
8ヶ月

*パキシル*
1ヶ月
2ヶ月
3ヶ月
4ヶ月
5ヶ月
6ヶ月
7ヶ月
8ヶ月
9ヶ月
10ヶ月
・治療の経過(20ヶ月まで)
11ヶ月
12ヶ月
14ヶ月


セロトニン
噛むカム
トリプトファン

日記
緊張する場面
対面で話し合い(実行前)
対面で話し合い(実行後)
チョコ買い
消化器系が
サプリを減らす


あがり症リンク
社会不安障害(SAD)交流場
あがり症同盟
ちょっと異端な惑星


他のメンタルヘルスブログを探す→FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
0574 Web Site Ranking


テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

社会不安障害 コミュニティ

mixiでSAD女性を対象としたコミュニティを作成しました。

完全非公開なので人目が気になる方もお気軽にどうぞ

週末の夜にチャットなどできたらいいな。人が集まれば

各地でオフ会など出来ればいいですね。

いつも読んで下さっているNさん、お待ちしてます(笑)

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5307607



テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

パキシル14ヶ月

パキシル20mg/day

パキシルの服用も1年を超えてしまいました


変わったことと言えば、アルバイトを始めました。

正直、ずっと外では仕事するつもりなかったのに…

周りの人が良くなっていくのを見て
このままじゃいけないと思ってしまい。

先生から
「焦っちゃだめだよ、自分のペースでやればいいんだから^^」と言われました。


その通りなんですけどね


でもアルバイトの方は、職場の人は優しいし、
何とか仕事も慣れてきてやっていけそうです。

結果的に、始めて良かったかなと思います。



私生活の方は、メール交換していた新しい友達に会うことができました。

今までは同じような病気の人としか会う勇気が無かったけど、
今回は心の病気ではない人です。

こんな自分でも普通の人と付き合えるんだ、と少し嬉しくなりました。

また今度別の方に会う予定です。

薬を飲みながらでも、新しい事に挑戦しているのは良い兆候なのでしょうか。


買い物する時も気軽に店員さんに話しかけられるようになったし、
外食する時、恥ずかしくて店員さんを呼べなかったのが
声を出して呼ぶことができました。

あがり症ではない人にとっては、ごくふつう~のことなのですよね。

中学、高校生でも出来るようなことを
やっとの思いで挑戦しようとしている、いい年した大人です。

でもそれを受け入れて、ゆっくりと進んでいきます。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村



テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

パキシル12ヶ月

パキシル 20mg/day


体の火照りが酷いのでパキシルを1錠減らしてもらいました。

減らしても多分大丈夫だと思うけど、体調が悪くなったら
連絡下さいとのことでした。

今のところは緊張が強くなるとかはないです。


しかし暑さのせいか、体の方がバテてきて
精神的にも少し元気がない感じです。

免疫力が落ちてきて、3種類ほど病気にかかったりもしました。

どんだけ病弱なのでしょう。



病院は子供からお年寄りまで大勢いたのに
待合室ではそれ程緊張しなかったです。

お薬が効いてるといいな~



診察中は緊張どころではなく・・・





※ ↓痛いのが苦手な方はご注意










処置で、めちゃくちゃ痛いことをされて
貧血になってしまいました。

多分、今までの人生で1、2位の痛さです…


麻酔の注射もうめく位痛かったし、
その後は麻酔の注射の意味あるのかってぐらい痛かった

色んな所(歯茎、お尻、腰、鼻!!)に麻酔の注射されたことあるけれど、
あんなに痛い注射は初めてです。


こんなことで痛がってたら、
出産の時はどうなるんだろう

とベッドの上でぼんやり考えていました


相変わらずだめっぷりを発揮してますが、まったりいきます。



テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

パキシル11ヶ月

パキシル30mg/day


体調は安定しています。


知り合いのSADの人が少しずつ挑戦している報告を聞くと、
自分も頑張らなければいけないなと思います。

一人映画に挑戦してみましたが、
予想外に女性が沢山いたので最初はちょっと緊張しました

一人カラオケはまだまだ遠そう…。


他人からきついことを言われても
あまり落ち込まなくなりました。

以前は震えが止まらなくなって、夜も眠れなくなっていたのに。


SSRIは良くも悪くも感情をフラットにしてくれるようです。

どうでもいいか~という感じで。

やる気はあまり出ないという人もいるみたいですが…。


家に篭る時間も少なくなってきて、
ほんの少しですが体力もついた気がします。



主治医に報告すると喜んでくれました。

「良くなっている報告が聞けて嬉しい。ありがとう」

なんて、医師にお礼を言われたのなんて初めてです。


しばらく薬の量はそのままで続けた方が良いそうです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村


テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

治療の経過(20ヶ月まで)

治療開始から一応、一月ごとに経過を書いてきました。

果たして本当に治療の効果は出ているのか、思い出して書いてみます。
(具合が悪いことも書いています)

主な症状は、運転恐怖、対人恐怖、病院恐怖、美容院恐怖、電話恐怖 など。



4週目:デプロメール(50~75mg)・・・予期不安が多少減少

3ヶ月:デプロメール(150mg)・・・動悸が多少治まってきた
                 頓服(デパス)なしで他の病院に行くことができた
                 電話の際に余計震えが酷くなって落ち込む

5ヶ月~8ヶ月:デプロメール(150mg)・・・相変わらず生理前は体調が悪い
                    震えの程度はあまり変わらず
                    店で店員に質問できた

10ヵ月:パキシル(30mg)・・・高所恐怖症が和らいだと実感

12ヶ月:パキシル(30mg)・・・美容院に頓服なしで行けた
               高速道路を4時間程運転できた(旦那も隣にいる)

13ヶ月: 薬 同上   ・・・初めての病院にも頓服なしで行けた
               パキシルの副作用なのか日中の発汗、寝汗が酷い

14ヶ月: 薬同じ 転院 ・・・

15ヶ月:       ・・・苦手だった歯医者に行って見る(ワイパックス2錠を飲んで)

16ヶ月:       ・・・歯医者に頓服なしで行けた

18ヶ月        ・・・やはり病院は緊張する
              嫌いな料理が楽しくできた(毎日ではないです^^;
              知らない人に電話する際、動悸や震えが緩和された

19ヶ月:       ・・・少し震えの程度が緩和された気がする

20ヶ月:       ・・・外出が楽しくなった
              気分転換にドライブに行けた  
              旦那に少しきついことを言われても落ち込まなかった


今後の目標:病院、美容院に行く際、もう少しリラックスする
      友達と遊ぶ際、もう少しリラックスして楽しむ 
      一人で東京での電車の乗り換え、空港まで辿り着く(機会がないかも…)   


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村



テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

パキシル10ヵ月

パキシル30mg/day


治療前は中程度~重度のSADだった自分(自己判断ですが)


最近は行動範囲も広がってきました。

大嫌いだった車の運転(一人で)も気楽にできるようになり、
少し遠くにも行けるようになりました。

これも治療のおかげなのでしょう。



主治医からは、

「あなたの場合は小学生の頃から苦しんできたのですから、
根気強くいきましょう」

とのお言葉。

まだしばらく治療は続きそうです。

十数年もセロトニンが少ない状態が続いていたので、
そう簡単に正常な状態に戻るわけないですよね。



主治医は、妊娠の可能性についても考えてくれているみたいです。

「もし妊娠したら、パキシルを減らして、頓服で対応していきましょう…」と。

毎回言ってくれるのですが、しばらく妊娠する予定はないです。
と伝えておきました。

「私の個人的な意見として、結婚してすぐに子供を作るよりは、
二人の時間を楽しんだ方がいいと思います。
子供ができたら過ごし方も変わってきますからね」

気を遣って言ってくれたのかもしれませんが、
何となく嬉しかったです^^

最近は病気を治すことが第一で、子供のことはあまり焦ってませんが…

やや高齢で病気が再発するかもしれない親のことを考えたら、
なるべく早く、という気持ちもありますが

途中で勝手に減薬して酷くなることは避けたいです


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 社会不安障害へ
にほんブログ村

テーマ : 対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。